個人カフェの珈琲

美味しい珈琲の淹れ方

珈琲はむずかしくないんです。美味しい豆を用意して
正しいやり方を守れば、あなたも美味しい珈琲が簡単に淹れられます。

ペーパードリップの方法

  • 1 ドリッパーにペーパーをセットし粉を入れて平らにならす。

    ドリッパーにペーパーをセットし粉を入れて平らにならす。

  • 2 真ん中500円玉くらいの範囲にお湯(約95℃)を注ぐ。

    真ん中500円玉くらいの範囲にお湯(約95℃)を注ぐ。
    低い位置からやさしく、置くように。
    粉の中心までお湯をしみ込ませるイメージで、慎重に。
    注ぎはじめから1滴目が落ちるまでの時間は30秒くらいが目安。

  • 3 お湯を少しずつ、間隔をあけて注ぎながら、コーヒーがぽたぽたと点滴のように落ちてくる状態をキープ。

    お湯を少しずつ、間隔をあけて注ぎながら、コーヒーがぽたぽたと点滴のように落ちてくる状態をキープ。

  • 4 1滴目が落ちて30秒から1分たったら、コーヒーが 途切れず落ちるように注ぐお湯の量を増やす。

    1滴目が落ちて30秒から1分たったら、コーヒーが 途切れず落ちるように注ぐお湯の量を増やす。半分くらいのコーヒーが抽出されたら、更にお湯の量を増やす。

  • 5 必要量のコーヒーが抽出されたら、残ったコーヒーが落ちきる前にドリッパーを外す。

    必要量のコーヒーが抽出されたら、残ったコーヒーが落ちきる前にドリッパーを外す。アクや雑味まで入ってしまうので最後は惜しまずに捨てる。

ポイント

豆の分量

  • 1杯増やすごとに、豆を約10g抽出時間を30秒ずつ増やしてください。
  • 粉に挽いたものを購入した方は、表より使う豆の量を1割、抽出時間を30秒減らしてください。
  • メジャーカップの容量はメーカーにより多少異なります。
  • 分量は目安です。お好みで調整してください。

    ※KONO製メジャーカップを基準にしています。

豆の分量

保存方法

  • 豆のまま

    焙煎してから常温で夏は1週間~10日、冬場なら2~3週間経ったころが飲み頃です。そこから1~2週間ほど美味しさが保てます。飲みきれそうにない場合は密封して冷凍保存をしてください。2〜3ヶ月はおいしさが保てます。
    使用前に解凍の必要はありません。
  • すぐに密封して冷凍保存を。1ヶ月ほどおいしさが保てます。
    こちらも解凍の必要はありません。
保存方法